読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外貨預金の金利は高いの?

外貨預金金利はそれぞれの通貨によって異なります。

 

外貨預金金利 2009年1月時点では大手銀行の場合ですと、米ドルの場合は1ヶ月もので年率0.1%程度、オーストラリアドルの場合は1ヶ月もので年率1%台、というように、国によって金利は相当違ってきます。

 

2008年途中までは、米ドルやユーロでも2~3%の金利がついており、オーストラリアやニュージーランドドルなどの高金利通貨で、5~6%程度の金利がついていました。

 

ただ、最近は世界的な金融危機に陥っており、各国の金利がどんどん下がってきております。

 

アメリカは実質ゼロ金利と言われており、現状では、金利で増やすというのは難しくなってきているかもしれません。

 

◆日本の大手銀行の金利と比較

今の円定期預金の金利は大手銀行で1ヶ月もので年率0.25%程度であり、ネット銀行の場合もう少し金利が高くなります。
とは言っても、ネット銀でも金利1.00%程度ですが。

 

一時期は外貨預金金利で稼げると耳にした事があるかもしれませんが、現在は金利よりも為替の変動に着目して、預ける通貨を決める人が多くなっています。

 

ただ、今後数年先に世界経済が落ち着いて、各国の金利が上昇していけば金利で元本を増やしていく事ができるかもしれません。

 

とりあえず、ここでは、外貨預金金利は日々変動し、国によって違うという事を覚えておいてもらえればと思います。

 

新しく実践型の体験談を綴っていくブログ始めました「俺の外貨預金

よろしく!